視力回復アイトレーニング

どこでも視力回復!眼球トレーニングで外眼筋を鍛えてピント調節回復

投稿日:2018年3月8日 更新日:

視力回復でとても重要な目のピント合わせのトレーニング

視力が衰える原因には様々なものがあります。

年齢を重ねるごとに目の筋肉が衰えて視力が落ちると言う場合もありますし、現代ではパソコンやスマートフォンを利用する機会が非常に多いため、近くでものを見ることが多く近視になりがちな傾向も強くなっています。

しかしこれらの中には日常的なトレーニングを重ねることで回復ができるものも多いため、様々な仕組みをしてトレーニングを行うことも非常に重要です。

視力回復のトレーニングを行う際には目の仕組みをしっかりと理解することが重要になります。人がものを見る場合には瞳のレンズにおいてそのピントを合わせて角膜の中に像を映し出しこれを認識することでものを見ることができます。

そのため瞳のレンズのピントを合わせることが最も重要となっており、そのための機能が正常に働かないと近視や遠視、乱視と行った目のトラブルを招くことになるのです。

そのため視力をしっかりと維持するためには、この機能に間する筋肉を鍛えておくことが重要となります。

ブルーライトによる目の影響と日頃からのトレーニングの重要性

一般的に目が悪くなる要因として古くから言われているのは、テレビやパソコンの見すぎにより悪くなったり、暗いところで本を読むと目が悪くなると言うようなことが言われてきました。

ここで切り分けが必要になりますが、見る事自体が問題なのではなく、見ている時間が問題なのです。

テレビやパソコン、それにスマホ等は、その距離が基本的に変わらないため同じ状態で長時間ものを見る状態となり、それが目の筋肉が一定の状態で硬直してしまう事からピントを合わせる力が弱まり、それが視力の低下に繋がる事から、目が悪くなると言われてきました。

ところが昨今では、別の要因による視力低下も大きな問題とされています。
それがブルーライトです。

ブルーライトによる可視光線はとても強い光が目に飛び込んできますので、これを見続けることは目の網膜細胞を破壊へと導く危険性があります。
このため、目はブルーライトの光を受け続けると防衛本能が働き、ピント合わせの筋肉が硬直し、それが視力低下に繋がると言われています。

だからと言って、これらの日常的に使われるものを無理に見ないようにする事は、日常生活に支障が出てしまう世の中になっていますので、目が悪くなる第1の要因が、目の周りの様々な筋肉が衰えその機能を十分に果たさないことによるものである以上、常日頃から目の周りの筋肉を衰えさせないようにトレーニングを行うことが大事なのです。

遠くを見て近くを見る遠近トレーニングの限界

ただし視力のトレーニングの方法として遠くを見たり近くを見たりといった方法を提唱する人もいますが実はこれはあまり大きな効果にはならない事がわかっています。

その理由は衰えている筋肉を急激に使おうとしても効果的に動かないためその運動を繰り返すことで筋肉が楽をしてしまおうとする機能が働くためです。

これは人間が本来持つ防衛本能を刺激してしまうためで、目がよく見えない状態で遠くのものと近くのものを急激に見ようとすると目の筋肉が無理をしないように防衛本能により楽をしてしまい、その中間で筋肉を固定してしまうことが起きてしまいます。

そのため基本的にこのピント調節機能の強化方法だけでは目の筋肉を鍛えることにはならないと考えて頂ければと思います。

 

視力回復に効果的とされるトレーニング方法の基本的な考え方

視力回復に効果のある方法としては、指先で指したものを追いかけて見る方法や、ペットボトルのキャップをたくさんのキャップの中に落としてそれを見つける方法などが良いとされています。

これらの方法は単に見ると言うだけではなくものを見つけると言う作業が含まれるため、しっかりと対象を見ないといけないことから、筋肉を動かす効果的なものとなっているからです。

またこれらの方法においては単にピントを合わせる筋肉だけではなく眼球を動かす外眼筋が鍛えられることになるため非常に高い効果が生まれることがわかっています。

ベイツ理論を応用したトレーニングとは外眼筋への働きかけが基本

外眼筋は眼球自体を動かす筋肉であり、人がものを見るときに非常に重要な役割を果たしています。

多くの人は顔を動かさずに眼球だけを動かして上下左右を見ることができますが、この際には眼球の中に含まれるレンズの部分も動くことになり、刺激されて柔軟性を保っていることになります。

レンズ自体はピントを合わせるためにその筋肉により収縮したり伸長したりするものですが柔軟性がなくなるとその動きが制限されてしまうことになるため、近視や遠視の原因となってしまいます。

そこで眼球自体を動かすことでこれを刺激し柔軟性を維持するとともに、目の周りの筋肉自体を鍛えることで目の動きを活性化させ視力回復が行えると言う効果を生み出しています。

 

トレーニングを行う前には一度眼科医での検査を

さらに多くのものの中から1つを探すと言うことも視力回復には効果があるものです。

外眼筋をしっかりと鍛えることで他の筋肉も刺激され柔軟性を取り戻すことから視力回復につながる可能性があるのです。

ただしその際には目の検査をきちんと受けてから開始することが大切です。

視力が衰える要因の中には病気やその他の身体的な要因と言う場合もあるため、この場合にはトレーニングが体に対して大きな負担となってしまうこともあるので、充分に注意して行うことが大切です。

目の健康のためにもしっかりとした方法で視力を回復するために、目に関する知識をしっかりと持ち無理のないように行うことが必要となるのです。

タグ

おすすめ記事

1

  私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性30代 1日のPC作業時間    9時間以上 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルー ...

2

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    3時間~9時間未満 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 PCフィルター、サプリ ...

3

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性40代 1日のPC作業時間    3時間~6時間 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 ブルーライトカットフィルム ...

4

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    3時間~6時間 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PC画面の色調整、PCブルーライ ...

5

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    6時間~9時間 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルーライト対策 ...

6

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性30代 1日のPC作業時間    6〜9時間以上 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルーライ ...

-視力回復アイトレーニング
-, ,

Copyright© スマホやPCで疲れた目の視力回復方法 , 2018 All Rights Reserved.