https://miraieyemedia.net

視力矯正手術

ICLとは眼内コンタクトレンズによる視力矯正手術の事です

投稿日:

視力矯正手術にはいくつかの方法がありICLはその1つです

近視のため視力矯正のために手術に興味があるという方も多くいるでしょう。

そのための手術方法は多くないと思っている方もいますが、実は複数の選択肢が存在しています。

いくつかある選択肢の1つがICLです。視力が回復するのであれば、手術の内容はどうでもいいと考えてしまう方もいるかもしれません。

ですが手術内容を把握していないと、後悔してしまう可能性も存在しています。

手術前に不安を感じないようにするためにも、どのようなものなのか理解したうえでICLについて検討していくことが大切です。

ICLとは眼内コンタクレンズ挿入手術のことです

視力矯正手術について考えていくときのポイントが、ICLとはどのような治療方法なのかという点です。

簡単に言えば、眼内にコンタクトレンズを挿入するものです。

コンタクトレンズを挿入して光の屈折率を人工的に変えることで、近視や遠視だけではなく乱視などの問題も解決できます。

治療を受けるか検討している方にとって気になるポイントになるのが、近視などの問題解決のほかにどのようなメリットが存在しているのかという点です。

まずはどのような手術なのか動画で見てみましょう。

少々インパクトのある動画ですので、心臓の弱い方は飛ばしてください。

ICLにはどのようなメリットがあるのか?

そのメリットの1つが、眼内に入れたレンズが透明な状態を長い間でも保つことが可能だという点です。

コンタクトレンズを使っている方の場合、レンズが曇ってくるのを問題に感じている方もいるかもしれません。

ですが眼内に入れたレンズが長い間でも透明な状態を維持することで、目がよく見える状態をキープできます。

また年齢を重ねていくと、白内障などの手術を行う方もいるでしょう。

そのような手術のときになったら、眼内に入れたレンズを取り出せます

一度入れたレンズも取り出せるため、手術後に元の状態に戻したいと考えたときでも対応してもらえます

ICLならばドライアイに影響することはありません

さらにメリットとして、ドライアイに影響しないという点があげられます。

ドライアイにならない理由が、角膜に触ることなく手術ができるからです。

角膜を傷つけないからこそ、ドライアイになる心配がないのです。

ICLを検討するうえで注意すること

一方でデメリットの1つとして、目に関する手術のため患者にとっては不安が大きいという点があげられます。

少しでも不安を解消して手術が受けられるようにするためにも、内容についてよく理解しておくことが大切です。

眼科選びはとても大事ですのでまずは実績や評判を調べましょう

また実際に手術をする場合には、利用する眼科選びも忘れてはいけません。

安心して利用できる眼科を選ぶポイントが、実績や評判を考慮することです。

多くの症例を扱ってきた眼科医であれば、安心して手術を任せやすくなります。

そのため眼科医のプロフィールなどを参考に、これまでの経歴や手術経験などの情報を集めるようにしましょう

担当する眼科医に関する情報だけではなく、手術を受けた方の評判を参考にするも大切です。

手術を受けた方が結果に満足できているのであれば、自分が利用しても同じように満足できる可能性が高くなります。

最新技術を使った手術のため設備の充実度も重要

また安心して治療を受けるためには、眼科医院における設備面の確認も必要です。

手術室の衛生面や器具の管理を確認して、どのような環境なのか把握しておきましょう。

設備面が整っているかという点も、安心して治療を受けるためには必要な要素の1つです。

ICLが向いている人そうでない人とは

では視力矯正のためのICLが向いている方は、どのような方なのでしょうか。

基本的にどのような方でも利用できますが、眼鏡やコンタクトが利用できないほどの極度の近視だという方が向いています。

極度の近視だと、レーシックが利用できません。

そのためレーシックによる視力矯正が不可能な方は、ICLを検討するのも1つの手です。

独断でレーシック以外の選択肢を選ぶのではなく、それぞれの手術方法の違いを把握したうえで判断することが大切です。

自分で調べた知識だけで判断せずに、診察をしてもらったうえで眼科医と相談してどのような選択をするのか決めるようにしましょう。

ICLを検討するのに忘れてはならないお金の話

実際に手術を検討するときに忘れてはならない点があります。

それが手術は自由診療になるためお金がかかるという点です。

怪我や病気などの治療で病院を利用する場合であれば、国民健康保険が適用されるため自己負担額を少なくできます。

ですが自由診療の場合には、必要な治療費は全額自己負担です。

実際にどのくらいの治療費が必要になるのかという点は、利用する眼科医院によっても異なります。

具体的な費用としては片眼で30万円以上、両眼だと60万円以上かかることも多くあります。

60万円以上となると月収以上という方も多いので、手術を受けるかどうかはよく考えたうえで決断することを忘れないようにしましょう。

支払い方法についても遠慮せずに相談してみましょう

費用の負担を少しでも減らしたいと考えているのであれば、分割払いなどに対応しているか確認するのも1つの手です

利用する眼科クリニックによっては、24回などの分割払いに対応しています。

60回払いにも対応してもらえるようなクリニックであれば、月々の負担が6000~7000円ほどに抑えられるかもしれません。

ただし分割払いを利用する場合には、利子の問題も含めて確認することを忘れないようにしましょう。

 

タグ

おすすめ記事

1

  私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性30代 1日のPC作業時間    9時間以上 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルー ...

2

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    3時間~9時間未満 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 PCフィルター、サプリ ...

3

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性40代 1日のPC作業時間    3時間~6時間 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 ブルーライトカットフィルム ...

4

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    3時間~6時間 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PC画面の色調整、PCブルーライ ...

5

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       男性30代 1日のPC作業時間    6時間~9時間 ブルーライト対策    しっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルーライト対策 ...

6

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性30代 1日のPC作業時間    6〜9時間以上 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルーライ ...

-視力矯正手術
-, ,

Copyright© スマホやPCで疲れた目の視力回復方法 , 2018 All Rights Reserved.