https://miraieyemedia.net

ブルーライト対策グッズ 目の疲れに役立つ目薬

目の疲れをいやすのに役立つおすすめの目薬は?

投稿日:

眼の代謝を促して疲労回復と組織再生を行ってくれる目薬

目の疲れをいやしてくれる目薬というのは、世の中にたくさん出ていますが、人によって好みがありますし、症状によっては効き目も違ってきます。

ちょっと目が疲れたなと感じたときに、目をすっきりさせる目薬が欲しくなる時はありませんか?

でもドラッグストアでは沢山の種類の目薬が販売していますから、何を買ったら良いのか迷う事も多いのではないでしょうか?

 

その中でも、角膜組織の代謝を促してくれて、生き生きとした眼を取り戻すのに役立つ成分が含まれているものは、現代のブルーライト時代の目にはおすすめできる目薬と言えます。

それは根本的な眼精疲労対策となりますし、単に疲労した状態を回復してくれるだけでなく、その状態が長続きしてすっきりとした感じがずっと残るのが、パソコン作業で疲れた目にはメリットだからです。

このような瞳の新陳代謝を促すタイプの目薬とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

目の新陳代謝を促すことに力を入れた目薬とは

現代の強い光を受け続ける瞳に効果的な目薬と言えば、例えば「参天製薬 サンテ ボーティエ」という目薬があります。

 

参天製薬は目薬の分野ではかなりの開発力があって、異なる角度から眼の健康をケアしてくれるたくさんの商品を世に出していますが、この目薬は、タウリンなどの疲労回復成分と共に、「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」などの角膜の保湿力を強めるのをサポートしてくれる成分が含まれています。

 

保湿力が強くなると、眼の乾燥を防ぐことができて、いわゆるドライアイ対策に繋がり細胞の活性化がなされますし、修復も効率よくなされます。

更に、疲れた目の炎症や充血へのケアとして、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」「塩酸テトラヒドロゾリン」と言った成分が配合されています。

 

参天製薬のキャッチは「瞳本来の輝きをサポートする目薬」として、CMや専用サイトでPRをしています。

参天製薬「サンテボーティエ」の公式サイト

女性向けともいえるオシャレなパッケージとネーミング、「サンテボーティエ」=「Sante Beauteye」つまり「Beauty」(美しい)と「eye」(目)を掛け合わせた造語ですが、その名に恥じぬより目の新陳代謝に強い目薬となりますので、とてもおすすめですよ。

 

 

ピント調節機能を回復してくれる点眼薬

多くの目薬に共通している成分というものがあり、どんな目的で使うのかによって、使い分ける必要があります。

参天製薬から発売されている目薬の中で、「サンテボーティエ」は本来の新陳代謝を促すための「タウリン」に力を入れて、他の成分で目の充血や炎症を抑えるという成分配合をしています。

 

そして、「サンテPC」はブルーライト対策、つまり強い光から受ける目のダメージを修復するための成分配合に力を入れています。

そして、パソコン作業によりおこる目のコリ、つまり眼のレンズの厚さを調節する毛様体筋という筋肉が疲労していることよって、ピントが合いずらいという症状への対策としての成分が配合されています。

 

つまり目の充血、炎症対策、それに目のコリの緩和、見続ける事で考えられるドライアイへの対策、これらがPC用と呼ばれる目薬への目的となるわけですね。

 

 

総合的な機能を持っているおすすめの目薬

眼の疲労というのは、眼の筋肉の疲労を意味しますが、眼の筋肉の一つである毛様体筋はより疲労が出やすいところです。

そこで、毛様体筋の回復ができると、全体的にかなりすっきりとした気持ちになって回復感が強まります。

「サンテボーティエ」「サンテPC」にこうした機能を加えて総合的に強化している目薬として、最もおすすめできる目薬が「参天製薬 サンテ メディカル12」です。

毛様体筋の疲れと共に、眼の周りの筋肉のコントロールを行う副交感神経の疲れも軽減してくれる働きがあります。

さらにこの目薬はビタミンやタウリンなどの、一般的な眼精疲労症状を取るための成分も含まれています。

総合的な眼精疲労にも効果を示しますので、どんな人にも合いながらも、現代のブルーライト時代の市販目薬としては、最大効果の目薬と言えます。

栄養補給や修復力強化の効果を持つ成分も含まれていますので、眼組織のターンオーバー(新陳代謝)を促し健康的な眼にしてくれるのも大きな特徴です。

この点眼薬と似たような効果を持つもので、「Vロートプレミアム」もかなりおすすめで、こちらの方がすっきり感はあります。

このサイトがおすすめしている厳選目薬はこちらにまとめてあります。

目薬は調べれば調べるほど、特化型を購入するよりも、多少高くはなりますが、総合的に優れた目薬のほうがおすすめです。

「ものもらいができた」とか特定の症状に対してならば、まずは眼科へ行くのが良いと思いますので、市販の目薬を使うときというのは、日常生活の中で起こる目の疲労や充血、そしてドライアイなどのはずです。

 

ですから一方的な持論ではありますが、日常的に使う市販の目薬に求めるものとは、総合的な機能なのです。

目薬については結構記事を書きましたので、こちらも併せてお読みください。

目の疲れで生じる頭痛の解消に目薬を活用する

目の疲れは頭痛の原因となることも多いので注意 眼精疲労というのは、意外といろいろなトラブルを引き起こすものとなります。 単に眼の周りの重みや不快感だけでなく、それが肩や頭に影響することがあるのです。 ...

続きを見る

PC作業の目の疲れに目薬は効果あり?

ドライアイを防ぐために潤いを与えるのは大事な対策 PC作業を長時間すると、一日の終わりには相当の目の疲れが出てきてしまいます。 それは多くの方が経験しているのではないでしょうか。 その中でブルーライト ...

続きを見る

 

タグ

おすすめ記事

1

いろいろなタイプがある視力回復トレーニングの違い 目が悪くなった状態を改善するための訓練方法というのはいろいろなものがありますよね。 きちんとしたメソッドに基づいて、専門の訓練をするという本格的なもの ...

2

どちらも効果的なトレーニングができると評判のプログラム 視力回復のためのトレーニングとして、いくつかのアイトレーニングプログラムが開発され、実際にたくさんの人に利用されています。 その代表格と言えるの ...

3

私の概要と疲れ目対策 性別/年代       女性30代 1日のPC作業時間    6〜9時間以上 ブルーライト対策    かなりしっかりやっている 具体的に実施している事 PCメガネ、PCブルーライ ...

4

効果の高い専門のトレーニングも自宅でできるようにプログラムされている きちんとした理論に基づいて専門家が開発した視力回復トレーニングは、専用の教材や画像を使って行うことがほとんどです。 そのため、以前 ...

5

長年の実績がありスポーツ選手なども利用する安心のプログラム 視力というのは人間が快適に生活するためにとても大事なものですよね。 しかし、パソコンの使い過ぎ、スマホの利用などによって、現代人の視力はかな ...

-ブルーライト対策グッズ, 目の疲れに役立つ目薬
-, , ,

Copyright© 未来EYE Media ブルーライト目の疲れ対策法 , 2018 All Rights Reserved.